はしか感染、115人に…去年の年間患者数の3倍

はしか感染、115人に
全国的に感染が広がっている麻疹(はしか)について、国立感染症研究所は20日、今年1月から9月11日までの患者数が計115人になったと発表した。
 前週の発表から33人増えており、昨年の年間患者数(35人)の3倍を超えた。

Screenshot

yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞)

はしか感染、115人に…去年の年間患者数の3倍

グラフのイラスト
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

都道府県別では、大阪が43人で最も多く、千葉と兵庫が21人、東京が11人だった。感染研によると、関西空港などで起きた集団感染のほか、海外で感染して国内で診断を受ける事例も継続的に起きているという。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう