「子どもにはヘルメットを」 自転車同乗、転倒に注意

子どもを乗せた大人用の自転車が転倒し、子どもがけがをする事故の情報が多く寄せられているとして、消費者庁が春の全国交通安全運動に合わせて注意を呼び掛けている。

Screenshot

東京新聞

「子どもにはヘルメットを」 自転車同乗、転倒に注意

 幼児が顔面を骨折した痛ましい事故もあり、「乗せる時は必ずヘルメットを着用させて」としている。走行中だけでなく、停車中に目を離して転倒するケースも多く、注意が必要だ。
親子で自転車
 消費者庁は医療機関などから事故情報を収集。それによると、母親が荷物を下ろそうと一瞬目を離した隙に、自転車が転倒。前部の幼児座席に乗せていた一歳児が顔の骨を折って入院した。
 同様に一歳児を前部に乗せた状態で自転車のスタンドを立てて、保護者が一瞬手を離した隙に、年上の別の子どもが後部の座席によじ登って転倒。一歳児はヘルメットを着用しておらず頭を強打し、三日間入院した事故もあった。
 国民生活センターも過去に注意喚起。子どもの乗り降りの際は傾かないよう、ハンドルが真っすぐ前を向いているのを確認し、スタンドをロックするよう促した。子どもを乗せた時は重さが増すため、確実に支えられるよう両手で自転車を操作することも求めた。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう