Tagged
目のコロナ対策眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に?

目のコロナ対策<1>眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に?

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 目のコロナ対策眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に? 冬が迫り、新型コロナウイルスとインフルエンザのダブル感染が話題だ。それを避けるためのインフルエンザワクチンの早期接種に関心が集まっているが、目からの感染予防対策はお済みだろうか? 新型コロナは目からも侵入することがわ...
結膜炎…ウイルス性 夏場に多く

結膜炎…ウイルス性 夏場に多く

出典:yomiDr.(読売新聞) – 結膜炎…ウイルス性 夏場に多く 目やにが出て、目が赤くなる結膜炎。原因によっては、周囲にうつしたり、ひどくなると後遺症が出たりすることもある。豪雨や台風の被災地では、冠水後の土ぼこりで起きやすくなるため、日本眼科医会は注意を呼びかけている。(館林牧子) 結膜は、黒目(角...
飛蚊症

視界にいつも黒い点が… 「飛蚊症」なぜ起こる?

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 視界にいつも黒い点が… 「飛蚊症」なぜ起こる? 黒い点や虫、ごみのようなものが常に視界を飛んでいる…。こうした症状は「飛蚊症」と呼ばれますが、その正体は一体何なのでしょうか。杏林大学医学部付属病院眼科学教室講師の伊東裕二氏は、次のように話します。 黒い点や...
目の検査

思春期・青年期に発症する「円錐角膜」って何? 「不治の病」から、進行を止められる病気に

出典:YomiDr.(読売新聞) – 思春期・青年期に発症する「円錐角膜」って何? 「不治の病」から、進行を止められる病気に 「 円えん錐すい 角膜」という、一般にはほとんど知られていない目の病気がある。文字通り、角膜が円錐状に変形し、近視や乱視が進む。悪化するとメガネやコンタクトレンズでも十分な視力が得ら...
ブルーライト

ブルーライトの目への影響 結局のところどうなのか?

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – ブルーライトの目への影響 結局のところどうなのか? スマートフォン(スマホ)が広く普及し、事務作業にはパソコンが欠かせなくなった現代。朝起きてから眠るまでに、あなたはどのくらいの時間、液晶画面を見ていますか。画面から発せられるブルーライトを気にしたことがあ...
スマホで子どもの斜視が増加?……韓国で研究論文、日本も同じ傾向か

スマホで子どもの斜視が増加?……韓国で研究論文、日本も同じ傾向か

出典:YomiDr.(読売新聞) – スマホで子どもの斜視が増加?……韓国で研究論文、日本も同じ傾向か 秋は学会シーズンです。先日、専門分野が私と重なる兵庫医科大学特任教授の三村治さんの講演を興味深く聞きました。子どもの急性内斜視が増えているという話でした。急性内斜視では、両目が内側に向いたまま戻らなくなる...
眼帯

変わる「眼帯」の役割…子どもは付けない方がいい?

出典:YomiDr.(読売新聞) – 変わる「眼帯」の役割…子どもは付けない方がいい? 近頃、眼帯をしている人をめっきり見かけなくなったと思いませんか。それは、医学的に眼帯が必要なケースが少なくなったからです。 昭和時代の前半は、感染症が大きな問題でした。当時の眼帯には、感染予防という目的も大きかったのでし...
コンタクトレンズ

10月10日は「目の愛護デー」 小・中・高校の養護教諭225名へのアンケート結果を発表

出典:PR TIMES – 10月10日は「目の愛護デー」 小・中・高校の養護教諭225名へのアンケート結果を発表 「目の健康」を大切にする使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー®」を提供する、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役プレジデント:海...
目の検診

<茨城県>斜視や弱視、早期発見 龍ケ崎市、4歳児対象に目の健診

出典:茨城新聞クロスアイ – 斜視や弱視、早期発見 龍ケ崎市、4歳児対象に目の健診 子どもの目の異常を早期発見しようと、龍ケ崎市は6月下旬から、4歳児を対象に目の健診を始める。市内の眼科医師の要望などを受け実現した。健診では、視能訓練士が目の動きを観察したり、新たに専門の医療機器を導入したりして、通常の視力...