<茨城県>斜視や弱視、早期発見 龍ケ崎市、4歳児対象に目の健診

斜視や弱視、早期発見 龍ケ崎市、4歳児対象に目の健診
出典:茨城新聞クロスアイ – 斜視や弱視、早期発見 龍ケ崎市、4歳児対象に目の健診

子どもの目の異常を早期発見しようと、龍ケ崎市は6月下旬から、4歳児を対象に目の健診を始める。市内の眼科医師の要望などを受け実現した。健診では、視能訓練士が目の動きを観察したり、新たに専門の医療機器を導入したりして、通常の視力検査では見つけにくい斜視や弱視といった目の異常を発見する。市と健診の実施を提案した眼科医師は「視力は幼児期に発達する。この時期に、目の異常をいち早く発見して、適切な治療に結び付けることが大切」と説明する

  • 市保健センターによると、目の健診は、保健師のほかに、視力回復のための検査やリハビリ指導などを行う視能訓練士が参加することが特徴。
  • 通常の視力検査のほかに、(1)視能訓練士が子どもと対面して目の動きを観察するなどして斜視を判別する(2)目の屈折を測る専門の医療機器を用いて近視、遠視、乱視の程度を測定する(3)絵が浮き上がるカードを使って物が立体的に見えるかを検査する-などを行う。
  • 健診により、斜視や弱視が疑われる場合は専門医を紹介する。

続きは茨城新聞クロスアイのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう