<京都府>熱中症対策分かりやすく 京都府立大が小冊子、亀岡市などは4コママンガ

熱中症対策分かりやすく 京都府立大が小冊子、亀岡市などは4コママンガ
出典:産経ニュース – 熱中症対策分かりやすく 京都府立大が小冊子、亀岡市などは4コママンガ

暑い夏場に増える「熱中症」。頭痛やめまいなどの症状が出て、最悪の場合死に至る可能性もあるが、府内の大学や自治体が21日、熱中症対策を相次ぎ発表した。小冊子や4コママンガを無料配布するもので、熱中症への理解や対策を分かりやすく伝える試みになっている。

  • 府立大は「住まい」での熱中症対策の小冊子を作成。
  • 松原斎樹(なおき)教授(建築環境工学)らの研究チームが昨年度、宇治市の有料老人ホーム「ゆうゆうの里」の協力を得て実施した研究成果をまとめたもの。
  • 熱中症への理解や対策を分かりやすく伝える試みになっている。
  • 小冊子は全12ページで、熱中症の解説や対策のポイントなどをわかりやすく解説。府立大で無料配布するほか、府立大建築環境工学研究室のホームページでも公開

続きは産経ニュースのサイトで

参考:京都府立大建築環境工学研究室 / 小冊子
参考:日清医療食品 / 4コママンガ




この記事が気に入ったら
いいね!しよう