ブルーライトの目への影響 結局のところどうなのか?

ブルーライトの目への影響 結局のところどうなのか?
出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – ブルーライトの目への影響 結局のところどうなのか?

スマートフォン(スマホ)が広く普及し、事務作業にはパソコンが欠かせなくなった現代。朝起きてから眠るまでに、あなたはどのくらいの時間、液晶画面を見ていますか。画面から発せられるブルーライトを気にしたことがあるでしょうか。

  • ブルーライトとは、380~495nm(ナノメートル[1ナノメートルは10億分の1メートル])程度の波長域の可視光線のこと。
  • 人間の目で見ることのできる光の中で最も波長が短く、紫から青色に見える。
  • 太陽光にも豊富に含まれており、体内時計をセットする、気分を高揚させる、注意力を高める、といった利益をもたらしています。
  • 一方でブルーライトは、LEDを使ったパソコンやスマホ、タブレットなどのディスプレイからも発せられており、昼夜を問わずこれを長時間浴びる生活が一般化しています。
  • ブルーライトは、目に入るとほとんどが角膜や水晶体を通り抜け、網膜に達することが知られています。
  • 網膜への影響を心配する声もあがっていますが、ブルーライトが人間の目に特定の病気を引き起こすことを示した研究は、これまでのところありません。

続きはNIKKEI STYLE(日本経済新聞)のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう