<愛媛県> 平成27年度学校保健統計速報(学校保健統計調査の結果速報)

学校保健統計調査

この結果概要は、平成27年度に実施した学校保健統計調査についての県内の結果をとりまとめたものです。数値は速報値であり、確定値は後日文部科学省より公表されます。

肥満傾向ではあるものの、全国平均では下回る

文部科学省が22日に公表した2015年度の学校保健統計調査(速報)によると、愛媛の肥満傾向児の出現率(割合)は5~17歳の男女26区分のうち14区分で全国平均を上回った。

 5歳男子(4.79%)は全国で3番目に割合が高く5歳女子(3.46%)は4年連続で増加し11年度の2.1倍になった。

 調査は県内の幼稚園と小中高校683校から155校を抽出。抽出率は身長や体重など発育状態に関し8.4%、健康状態に関し44.3%だった。

 県内で肥満傾向児の割合が最も高い区分は男子が12歳の10.67%(全国9.87%)、女子が17歳の10.15%(7.75%)。7歳男子は14年度との差が全26区分で最大の3.68ポイント増加する一方、7歳女子は最大の5.65ポイント減少していた。

 全国順位が高いのは5歳男子のほか6歳女子7位、5歳女子10位。高校生は男子が全ての学年で全国を下回り、対照的に女子は全ての学年で上回った。
 中学生は男女とも14年度と同率か下回った。

Screenshot

愛媛新聞ONLINE

愛媛の肥満傾向児、5歳男子が全国3位



次のページ:調査結果の概要

この記事が気に入ったら
いいね!しよう