<沖縄県>沖縄初の死亡例 ダニから感染「つつが虫病」 患者は宮古のみ、注意呼び掛け

沖縄初の死亡例 ダニから感染「つつが虫病」 患者は宮古のみ、注意呼び掛け
出典:沖縄タイムス – 沖縄初の死亡例 ダニから感染「つつが虫病」 患者は宮古のみ、注意呼び掛け

沖縄県地域保健課は27日、宮古保健所管内の病院で昨年12月に亡くなった60代男性の死因が、ダニ媒介の感染症「つつが虫病」だったと発表した。同病の死亡例は県内で初めて。

  • つつがむし病は、山野や畑などで病原体を持つダニに刺されて感染する。
  • 感染した男性は昨年12月10日に発熱し、体調が悪化。同27日に自力で歩くことが困難になり、医療機関を受診したが、同日中に心肺停止状態に陥り、死亡。
  • 検査の結果、患者の血液やかさぶたから、つつが虫病の病原体遺伝子が検出。
  • 同病は2008年に県内で初めて患者が確認された。その後、宮古保健所管内(宮古島市、多良間村)だけで、ほぼ毎年患者が報告され、16年は過去最多の10例だった。今年は9月25日時点で2例。

続きは沖縄タイムスのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう