低温やけど、気づいたときには意外にダメージ高く

低温やけど、気づいたときには意外にダメージ高く
出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 低温やけど、意外にダメージ

  • 寒差対策の湯たんぽやカイロなどによる「低温やけど」には十分注意。
  • 低温やけどは、40~50度程度の低い温度の熱が長時間にわたって皮膚に加わることで起きる。
  • 就寝中などに湯たんぽや電気あんかが長時間、体の同じ部位に触れている場合など。
  • 44度で3~4時間、46度で30分~1時間程度でやけどする。
  • 密着した器具が皮膚を圧迫し血流が悪くなっていることが影響。
  • 気付いた時点で皮膚の深部までダメージを受けているため、水で冷やしても効果はあまり期待できない。
  • 暖房機能のある便座に長時間座っていることで低温やけどに至るケースも。
  • 充電しながら寝たらスマホが腕の下にあり、やけどしたケースなども。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう