自閉症児、親の早期介入は長期にわたり有効

自閉症児、親の早期介入は長期にわたり有効
出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 自閉症児、親の早期介入は長期にわたり有効

  • 自閉症は、生まれつき脳の機能が障害されて起こる。
  • なぜ脳機能が障害されるのか、詳しい原因は分かっておらず、根本的な治療は難しいとされている。
  • 自閉症は、子ども100人に1人程度の割合で発症。
  • 英マンチェスター大学の研究によると、早期の親の介入で自閉症の重症度が改善し、その効果が長期的に続くと発表。
  • 治療が必要な病気とは違い、自閉症では社会生活にうまく順応できるように環境を整えてあげることが重要。
  • 今回の結果から、早期介入による自閉症の症状の改善は、6年近く続くことが示された。
  • これを踏まえ、同医師らは「効果継続の背景のメカニズム」「コスト面のメリット」等の今後の課題についてコメントした。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう