受動喫煙対策に賛否…消費者団体「罰則導入を」、飲食業界「一律規制反対」

受動喫煙対策に賛否…消費者団体「罰則導入を」、飲食業界「一律規制反対」
出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 受動喫煙対策に賛否…消費者団体「罰則導入を」、飲食業界「一律規制反対」

  • 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、公共の場での喫煙を制限する受動喫煙対策の議論が続いている。
  • 厚生労働省が示した医療機関の敷地内や飲食店の建物内を禁煙とする案には業界団体などから賛否両論が出ており、調整は難航。
  • 消費者団体や看護師の団体から「努力義務ではなく、罰則導入が必要」と厳しい規制を望む声が上がる。
  • 国際オリンピック委員会(IOC)は10年に、世界保健機関(WHO)と「たばこのない五輪」を実現することで合意。
  • 受動喫煙防止への日本の対応について、WHOは14年末の時点で「世界最低レベル」と酷評。
  • 周囲の人の健康にも悪影響を与えることが、研究で明確。
  • 喫煙者本人の場合、22種類の病気、症状で関連が確実。
  • 厚労省は、タバコの葉を電気で温めて蒸気を吸う「加熱たばこ」も規制対象にするか検討。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう