特別支援校・学級の子急増 九州10年でほぼ倍 障害に偏見薄らぐ

特別支援校・学級の子急増 九州10年でほぼ倍 障害に偏見薄らぐ
出典:西日本新聞 – 特別支援校・学級の子急増 九州10年でほぼ倍 障害に偏見薄らぐ

  • 特別支援学校・学級に通う子どもが全国で急増。
  • 障害の認知が広がり社会的な偏見が薄らいだ。
  • 地域の学校ではなく支援校・学級を選ぶ家庭が増えた。
  • 各県教委によると、「偏見が薄らぎ、個別指導に近い専門的な教育が受けられる支援校に切り替え始めた」と分析。
  • 文科省によると16年、支援校・学級に通う子どもは全国でも34万7519人で過去最多。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう