受験シーズン本番へ 睡眠確保し感染症対策しっかり

受験シーズン本番へ 睡眠確保し感染症対策しっかり
出典:産経ニュース – 受験シーズン本番へ 睡眠確保し感染症対策しっかり

  • 慢性的な睡眠不足は心身にさまざまな問題を引き起こします。
  • 何よりも、睡眠時間が短くなると注意力が散漫になり、記憶や学習に弊害が出る。
  • 米国の睡眠医学会が昨年発表した、子供に推奨される睡眠時間は、小学生(6~12歳)は9~12時間、中高生(13~18歳)は8~10時間。
  • 睡眠時間を確保することで、注意力や行動、学習、記憶、情動のコントロールなどが改善し、心身の健康状態が良くなる。
  • 睡眠不足は自傷行為や自殺念慮といったリスクを高めるとの研究結果も報告されています。
  • まもなく試験日という受験生は、夜型の生活から朝型へシフトすることも大切。
  • 入学試験の多くは午前中に始まりますので、朝早く起きてご飯をしっかり食べ、午前中に頭が働くように体調管理をしましょう。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう