<徳島県>視覚障害者と走る喜び共有 県内に伴走団体誕生


出典:徳島新聞 – 視覚障害者と走る喜び共有 県内に伴走団体誕生

  • 徳島県内の市民ランナーが、視覚障害者と一緒に走る「伴走ランナー」のボランティア団体「阿波を共に走る会」を結成した。野外で活動する機会の少ない視覚障害者に、安心して体を動かしてもらうのが目的。参加者は運動不足解消やとくしまマラソン出場といった目標を胸に、徳島市の徳島中央公園で共に汗を流している。
  • メンバーは現在、市民ランナー約20人と視覚障害者約10人。毎月第1日曜に徳島中央公園に集まり、「伴走」「視覚障害」と記されたゼッケンを着用して2時間程度走ったり歩いたりしている。

続きは徳島新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう