<兵庫県>子どもの虫歯二極化、口腔崩壊も 経済格差背景か

子どもの虫歯二極化、口腔崩壊も 経済格差背景か
出典:神戸新聞NEXT – 子どもの虫歯二極化、口腔崩壊も 経済格差背景か

兵庫県内の小中高・特別支援学校で2016年度に行われた歯科検診で、虫歯などが見つかり「要受診」とされた約3万5千人のうち、歯科の受診が確認できない児童・生徒が約2万3千人、65%に上ることが県保険医協会の調査で分かった。未治療の虫歯が10本以上あるなど「口腔(こうくう)崩壊」の子どもがいる学校の割合も35%に上った。同協会は「全体的に子どもの虫歯は減少傾向なのに二極化が進んでいる。背景に貧困などの厳しい社会状況がある」と指摘する。

  • 調査は17年3月、医師や歯科医師らでつくる同協会が初めて実施。県内の1409校を対象に行い、19%に当たる274校(11万415人分)から回答があった。
  • 大阪府や長野県などでも各保険医協会が同様の調査を行ったが、似たような傾向があるという。
  • 受診が確認できなかったのは、小学校が46%、中学校で64%、高校は84%と年齢を経て高くなり、特別支援学校は62%だっ。

続きは神戸新聞NEXTのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう