<千葉県>学校での手話等の普及を推進 千葉県教委が研修資料

学校での手話等の普及を推進 千葉県教委が研修資料
出典:教育新聞 – 学校での手話等の普及を推進 千葉県教委が研修資料

千葉県教委は5月18日、学校での手話等の普及を促進するための手話言語等推進研修で使用する資料を公表した。障害者差別解消法や県の条例など、障害のある人に関係のある法律などの基本理念や施策を説明した上で、聴覚障害者への配慮などをまとめている。

  • 聴覚障害者の特性と配慮として、▽文字や図など視覚からの情報提供▽手話や要約筆記、筆談など、その人に応じた方法でコミュニケーションを行う。
  • ▽内容が伝わっているか確認する▽口の形が見えやすい距離の確保――などを挙げた。
  • 意思疎通等のための手段としては、手話や指文字、要約筆記、筆談や読話・口話を提示。

続きは教育新聞のサイトで

参考:千葉県教育委員会 学校における手話等の普及について




この記事が気に入ったら
いいね!しよう