バーベキューで食中毒にならないための7つの鉄則

バーベキューで食中毒にならないための7つの鉄則
出典:日経Gooday – バーベキューで食中毒にならないための7つの鉄則

夏のアウトドア料理の定番といえば、バーベキュー(BBQ)。しかし、気温が高い中でのバーベキューは、食材の扱いに注意しないと食中毒を引き起こす危険があります。食品中の有害な細菌の増殖は、周囲の温度が4度から60度までの範囲で盛んになります。夏のバーベキューには、食中毒予防対策が欠かせません

  • BBQでの食中毒予防(1) こまめに手洗いを。
  • BBQでの食中毒予防(2) 生の食材と調理済み食品は厳格に分ける。
  • BBQでの食中毒予防(3) 食材をマリネしたら冷蔵保存。
  • BBQでの食中毒予防(4) 肉や魚介類は十分に加熱する。
  • BBQでの食中毒予防(5) 調理済みの料理を2時間以上放置しない。
  • BBQでの食中毒予防(6) 温かい料理は60度以上をキープ。
  • BBQでの食中毒予防(7) 冷たい料理は4度以下をキープ。
  • 室温で一晩寝かせたカレーはウエルシュ菌の温床!
  • 調理後の料理はすみやかに10度以下または65度以上にする。

続きは日経Goodayのサイトで




この記事が気に入ったら
いいね!しよう