冬場でも食中毒にご注意 手洗いと加熱でノロ予防

冬場でも食中毒にご注意 手洗いと加熱でノロ予防
出典:京都新聞 – 冬場でも食中毒にご注意 手洗いと加熱でノロ予防

食中毒の一つ、ノロウイルスの感染が気になる季節になりました。食中毒というと、夏のイメージをもちがちですが、実は四季に応じて発生パターンが異なります。傾向と予防について話を聞きました。

  • 食中毒の原因は大きく分けて、ウイルス性と細菌性がある。冬場に感染事例が増えるのがウイルス性で、代表的存在がノロウイルス。
  • 理由は「乾燥してものがさらさらし、ウイルスがくっつきやすくなるから」と京都市健康安全課の中村正樹課長は説明。
  • 「ウイルスは人の粘膜から入る。粘膜が乾燥すると風邪をひきやすくなるのと同じで、人の体に取り込みやすくなります」。
  • かつてはカキなど汚染された二枚貝が主な感染源だったが、最近はノロウイルスの感染者が調理した食べ物にウイルスが付着して体内に取り込まれるケースが増えているという。

続きは京都新聞のサイトで

感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう