対策の基本はダニ退治 アレルギー薬 進歩したが…

対策の基本はダニ退治 アレルギー薬 進歩したが…
出典:中日新聞 – 対策の基本はダニ退治 アレルギー薬 進歩したが…

ぜんそくや通年性鼻炎などのアレルギーは、治療薬の進歩で症状がコントロールしやすくなった。それでも、対策の基本は症状を引き起こすアレルゲンになるべく触れないことだ。清掃や洗濯などで自宅内のアレルゲンを除去する「環境整備」について、専門家は「家庭用品の進歩でより合理的にできるようになってきた」と、積極的に実施するよう勧める。 

  • 「ダニアレルギーから子どもを守るための最新情報」と題した講演会を、アレルギー支援ネットワークが開催。
  • 「効果が高い吸入ステロイド薬が出て、即効性という意味で効果が出にくい環境整備はおきざりにされている」。あいち小児保健医療総合センター(愛知県大府市)の伊藤浩明副センター長はこう指摘。
  • 伊藤副センター長は、30年前から名古屋市とともにダニアレルギーの問題に取り組んできた。「子どものぜんそくの対策といえば、家の中の環境整備が原点だった」と語る。
  • 花粉が気になる季節だが、1年の中で室内でアレルギーを引き起こす原因物質の主なものはダニ。
  • ダニの対策は、増殖を抑制し、物理的に除去することが大切。

続きは中日新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう