<北海道>致死率高い「極東型」、札幌のマダニから初検出

致死率高い「極東型」、札幌のマダニから初検出
出典:YOMIURI ONLINE(読売新聞) – 致死率高い「極東型」、札幌のマダニから初検出

マダニにかまれて発症する感染症「ダニ媒介脳炎」の原因となるウイルスのうち、重い症状となる「極東型」が札幌市内のマダニから初めて検出された。

  • 北海道大の好井健太朗准教授(ウイルス学)の研究グループが確認。
  • ダニ媒介脳炎は、国内では道内でだけ患者の発生が確認されている。患者4人のうち2人が死亡しており、研究者らは注意を呼びかけている。
  • 研究グループは昨年5~8月に札幌市内の公園や野山で約1200匹のマダニを採取。遺伝子検査や試薬による検査で、一部のマダニから極東型のウイルスを検出。
  • 極東型は、1995年に道南で見つかって以来となる。
  • ウイルスは、極東型のほかに、欧州型とシベリア型がある。欧州型とシベリア型が致死率1~3%に対して、極東型は最高で致死率が30%にも達するという。

続きはYOMIURI ONLINE(読売新聞)のサイトで

SFTS(重症熱性血小板減少症候群) – ダニ媒介感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう