<福岡県>スマホで給食アレルギーを簡単確認 誤食防止へ医師ら開発 福岡市立小に対応

スマホで給食アレルギーを簡単確認 誤食防止へ医師ら開発 福岡市立小に対応
出典:西日本新聞 – スマホで給食アレルギーを簡単確認 誤食防止へ医師ら開発 福岡市立小に対応

福岡市立小に通うアレルギーのある子どもの保護者向けに、給食に含まれる原因物質(アレルゲン)をパソコンやスマートフォンで簡単にチェックできるシステムを、同市の医師らでつくる研究会が開発した。卵など子どものアレルゲンを登録すると、食べられないメニューが一覧でき、確認メールも届く。体調不良に陥りかねない誤食を防ぐための確認方法の一つとして利用を呼び掛けており、市外の給食にも対応可能なシステムにする予定だ。

  • 自校調理方式の同市立小に通うアレルギーのある児童は約2300人で、全体の2・8%。
  • 市教育委員会は、食材や調味料の原料を記した詳細な献立表データをインターネットで公開しており、保護者は献立表からアレルゲンを確認し、代わりのおかずを持参させるなどしている。
  • ただ、アレルギーのある子どもと接する機会の多い小児科医らでつくる「ふくおか・食物アレルギー研究会」(柴田瑠美子代表世話人)は、保護者から「献立を念入りにチェックするが、年に数回は漏れることがある」といった声を聞き、開発に乗り出した。

続きは西日本新聞のサイトで

参考:ふくおか・食物アレルギー研究会

食物アレルギー – アレルギーシリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう