子どもの自殺、ピークは夏休み後半 直近10年「9月1日」から変化

子どもの自殺、ピークは夏休み後半 直近10年「9月1日」から変化
出典:西日本新聞 – 子どもの自殺、ピークは夏休み後半 直近10年「9月1日」から変化

子どもの自殺のピークは夏休み後半-。9月1日が自殺の多発日という内閣府のデータを基にして「夏休み明け自殺」への対策が各地で広がる中、自殺総合対策推進センター(東京)は「直近10年間の自殺者のピークは8月下旬にある」との調査結果を発表した。休み明けに特化せず、夏休み中からの対策強化を呼び掛けている。

  • 同センターは、1972年度~2015年度の小中高校生の自殺のデータを分析。
  • 06~15年度の自殺者が最も集中した時期は8月下旬で、9月上旬にピークがあった1986~05年度から変化が見られたという。
  • 同センターは「夏休みの短縮化も影響している可能性がある」と分析しつつ「新学期の開始に限らず、より幅広い期間での対策が必要だ」としている。

続きは西日本新聞のサイトで

参考:自殺総合対策推進センター
参考:厚生労働省『こころもメンテしよう』~ご家族・教職員の皆さんへ~
参考:フリースクール全国ネットワーク – 夏休み明け【学校がつらくてもココがあるよ!プロジェクト 2018】

ストレス – こころのケアシリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう