【子供の発達障害】いちばんしんどい時期!?小学校高学年から中学生になる頃に注意したいこと

【子供の発達障害】いちばんしんどい時期!?小学校高学年から中学生になる頃に注意したいこと
出典:Hagkum(小学館) – 【子供の発達障害】いちばんしんどい時期!?小学校高学年から中学生になる頃に注意したいこと

発達障害のあるお子さんが園や学校で集団生活を送るなかで、もっとも辛いと言われるのが10〜15歳くらいのころだと言われます。周囲の子どもたちが成長することと本人もその差を感じるようになる時期で、学習面のつまずきや空気が読めない、友達関係を構築できないなどさまざまな理由があるのですが、その頃に保護者ができることはあるのでしょうか? 愛知県名古屋市の放課後等デイサービス「ルーチェ」で、発達障害のお子さんを支援する藤原美保さんにお話を伺いました。

  • まずは「普通級」に在籍して「通級」するか「特別支援学級」に移るか検討。
  • 発達障害の子を受け入れてくれる私立中学受験を目指すなら、高学年になったら「普通級」へ。
  • 発達障害の子どもにとって、中学校は選択肢が少ないのが難点。でも多感な時期だからこそ配慮を!。
  • 無理をして学校に通い続けることで、問題が悪化することもある。

続きはHagkum(小学館)のサイトで

発達障害 – こころのケアシリーズ

学級担任による発達障害支援 – こころのケアシリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう