子どもにもある高血圧 早期にコントロールを

子どもにもある高血圧 早期にコントロールを
出典:時事メディカル – 子どもにもある高血圧 早期にコントロールを

高血圧と聞くと中高年を思い浮かべがちだが、子どもにもある。成人と同じように肥満や塩分の取り過ぎの他、別の病気や薬が原因で起こることもある。日本大学医学部付属板橋病院(東京都板橋区)小児・新生児病科の高橋昌里教授は「小児の高血圧は成人の高血圧に移行することが多いので、早いうちに血圧をコントロールする必要があります」と強調する。

  • 高血圧には、原因のはっきりしない「本態性高血圧」と、他の病気や薬の副作用で起こる「二次性高血圧」がある。
  • 本態性高血圧は、子どもの0.5~1%に見つかるといわれている。
  • 子どもが肥満であるとか、家族に高血圧の人がいるという場合が多く、動脈硬化や心臓の病気を引き起こすリスクが高い。

続きは時事メディカルのサイトで

文部科学省 – 肥満傾向児出現率 / 平成29年度文部科学省学校保健統計調査


この記事が気に入ったら
いいね!しよう