「新鮮」に落とし穴…旬の魚に潜む寄生虫と食中毒への対処

「新鮮」に落とし穴…旬の魚に潜む寄生虫と食中毒への対処
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 「新鮮」に落とし穴…旬の魚に潜む寄生虫と食中毒への対処

日本人には寿司や刺し身など、生魚を好んで食べる習慣がある。しかし近年、生魚に生息する寄生虫による食中毒が増えている。秋から冬にかけては、サンマ、カツオ、サバ、サケ、ヒラメなどたくさんの魚が旬を迎える。食中毒を避けて魚を味わうにはどうしたらいいのか。食品安全委員会事務局評価第2課の今西保課長補佐に話を聞いた。

  • 鮮魚に潜む寄生虫の被害で最も多いのが「アニサキス」だ。
  • サバ、サンマ、アジ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの胃に幼虫の状態で生息し、体長2~3センチの白い糸状をしている寄生虫。
  • アニサキスの被害は年間を通じて発生。
  • 被害件数は年々増えていて、厚生労働省の食中毒統計資料によると2017年の発生件数は230件。
  • カンピロバクターの320件に次ぐ2位で、3位はノロウイルスの214件だった。
  • ただし、この数字は氷山の一角にすぎないとの指摘もある。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで

アニサキス症 – 寄生虫シリーズ

クドア – 寄生虫シリーズ

旋尾線虫症(せんびせんちゅうしょう) – 寄生虫シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう