我が子のゲーム依存防ぐルール作り 5つの必須条件

我が子のゲーム依存防ぐルール作り 5つの必須条件
出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 我が子のゲーム依存防ぐルール作り 5つの必須条件

ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム依存」に陥る人が増えている(前回「長期休暇は引き金になりやすい ゲーム依存に注意」参照)。「いつでもどこでも半ば無意識のうちにゲームに手が伸びてしまう」といった軽い依存傾向が見られる段階で早く気づいて、本格的に依存が進行する前に食い止めたい。日本初の「インターネット依存専門外来」を開設した久里浜医療センター院長・樋口進さんに、万が一ゲーム依存に陥ったときの治療法や、ゲーム依存に陥らないようにするための予防策について聞いた。

  • ゲーム依存が疑われ、専門の医療機関を受診したとしても、「1回の治療ですぐ治るわけではなく、ゲーム依存の治療は1人に対して長い時間がかかる」という。
  • 久里浜医療センターでは、専門外来を受診する患者に対して、多くの場合、最初はゲーム時間を減らすことから始めて、我慢強くモニターしていくという方法で治療を続けていくという。
  • ゲームをする時間を決めても、なかなか守れないのが依存症という病気です。それを分かったうえで、長く付き合いながら指導していく。

続きはIKKEI STYLE(日本経済新聞)のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう