インフルエンザが9月なのに流行し始めた理由

インフルエンザが9月なのに流行し始めた理由
出典:東洋経済オンライン – インフルエンザが9月なのに流行し始めた理由

インフルエンザと聞けば冬場の病気というイメージがあるだろう。ところが、今まさに流行が始まっている。国立感染症研究所の9月17日の発表によると、9月2~8日の間のインフルエンザ感染者数は、定点医療機関あたり0.77人で、前週から倍増した。大流行した2009年に次ぐ勢いとなっている。

  • インフルエンザの流行が冬場に多いのは日本など温帯地域の特徴。
  • 東南アジアなどの熱帯・亜熱帯では、冬だけでなく、夏にも流行する。
  • インフルエンザは、湿潤で暑い季節にも流行しうる。2009年の新型インフルエンザの流行は夏場に起こった。
  • 今年8月には沖縄県でインフルエンザ注意報が発令されている。

続きは東洋経済オンラインのサイトで

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう