「マスク着用」熱中症の危険あり? 子の運動や高齢者…注意点は

「マスク着用」熱中症の危険あり? 子の運動や高齢者…注意点は
出典:西日本新聞 – 「マスク着用」熱中症の危険あり? 子の運動や高齢者…注意点は

新型コロナウイルス感染防止のため、今年はマスク着用や外出自粛などを心掛けたまま、暑い夏を迎える。熱中症などの危険はないのだろうか。

  • 「実験ではマスクを着けているかどうかで体温上昇に大きな差は見られない」。産業医科大の堀江正知教授(産業保健管理学)は、マスク着用による熱中症のリスクは大きくないとする。
  • ただし、狭い面積とはいえマスクに覆われた部分の温度が下がらなかったり、マスクを外すのが面倒で水分補給の回数が減ったりするため、暑さを感じやすくなる可能性が。
  • 堀江教授が懸念するのはマスクを着けたままでの運動だ。「季節を問わず、マスクを着けたまま激しい運動をすると、熱中症より酸欠のリスクが高まる」。

続きは西日本新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう