子どもの大多数は軽症止まり 欧州の新型ウイルス研究

子どもの大多数は軽症止まり 欧州の新型ウイルス研究
出典:wedge – 子どもの大多数は軽症止まり 欧州の新型ウイルス研究

子どもが新型コロナウイルスの感染症COVID-19で死に至るのは極めてまれだとする、ヨーロッパの研究が発表された。

  • 英ロンドンのグレート・オーモンド・ストリート病院のチームは、欧州25カ国で暮らす生後3日から18歳までの子ども582人について研究した。
  • 全員、パンデミック(世界的流行)がピークを迎えていた4月に、ウイルス検査で陽性と判定されており、4分の1には基礎疾患があった。
  • それらの子どもの半数以上は病院に入院し、8%は集中治療を必要とした。
  • 死亡したのは全体の4人だけで、うち2人には基礎疾患があった。10歳未満の死者はゼロだった。

続きはwedgeのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう