<鹿児島県> 初の第1種感染症病室 鹿児島大病院に完成

 エボラ出血熱など重篤な1類感染症患者を受け入れる施設として、鹿児島県が鹿児島大学病院(鹿児島市)に整備していた第1種感染症病室(1床)が完成した。県は近く、鹿大病院を第1種感染症指定医療機関に指定する。第1種施設は県内では初めて。

Screenshot

373NEWS.com(南日本新聞社)

鹿児島県内初の第1種感染症病室 鹿児島大病院に完成

 国は一昨年、西アフリカでのエボラ熱大流行を受け、第1種施設がない各県に整備と指定を要請した。鹿児島県は地理的側面に加え、病院機能や医療スタッフが充実する鹿大を第1種に指定するため、昨年10月工事を開始、今月11日完成した。
<鹿児島県> 初の第1種感染症病室 鹿児島大病院に完成
 現行では、県内で患者が発生した場合、熊本など県外の第1種施設に搬送する。治療の遅れや二次感染のリスクが心配されている。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう