アナフィラキシー – アレルギーシリーズ

アナフィラキシー - ほけんだよりプラス - アレルギーシリーズ
アレルギー反応により、蕁麻疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、ゼーゼー、息苦しさなどの呼吸器症状が、複数同時にかつ急激に出現した状態をアナフィラキシーといいます。その中でも、血圧が低下し意識レベルの低下や脱力を来すような場合は、特にアナフィラキシーショックと呼び、直ちに対応しないと生命にかかわる重篤な状態であることを意味しています。また、アナフィラキシーには、アレルギー反応によらず運動や物理的な刺激などによって起こる場合があることも知られています。文部科学省の調査(平成16年)では、アナフィラキシーの既往を有する児童・生徒の割合は、小学生0.15%、中学生0.15%、高校生0.11%、全体では0.14%という結果でした。保育所に入所する乳児や幼児では食物アレルギーの有病率が学童期より高いので、アナフィラキシーを起こすリスクは高い可能性があります。

アナフィラキシーの原因

乳幼児のアナフィラキシーの原因のほとんどは食物ですが、それ以外にも医薬品、食物依存性運動誘発アナフィラキシー、ラテックス(天然ゴム)、昆虫刺傷などがアナフィラキシーの原因となりえます。食物によるアナフィラキシーは、即時型食物アレルギーの最重症なタイプです。すべての即時型がアナフィラキシーに進展するわけではありませんが、通常は皮膚・消化器症状などに呼吸器症状を伴うものを指します。呼吸器症状の出現はアナフィラキシーショックへ進展する可能性が高まるので注意が必要です。また、医薬品によるアナフィラキシーは、抗生物質、抗てんかん薬、非ステロイド系の抗炎症薬などが原因になります。発症の頻度は多くありませんが、医薬品を服用している子どもについて、その実態を把握しておく必要があります。ラテックスによるアナフィラキシーでは、ラテックス(天然ゴム)への接触や粉末の吸入などその原因はさまざまで、頻度は少ないものの、該当する子どもが在籍する場合には、確実な対応を行う必要があります。その他、昆虫によるアナフィラキシーは、ハチ毒によって起こるものが最も注意が必要です。動物との接触でもフケや毛などが原因となってアレルギー症状が引き起こされ、中にはアナフィラキシーに至る例もあります。

アナフィラキシーの症状

皮膚が赤くなったり、息苦しくなったり、激しい嘔吐などの症状が複数同時にかつ急激にみられますが、もっとも注意すべき症状は、血圧が下がり、意識が低下するなどのアナフィラキシーショックの状態です。迅速に対応しないと命にかかわることがあります。

アナフィラキシーの治療


具体的な治療は重症度によって異なりますが、意識障害などがみられる子どもに対しては、まず適切な場所に足を頭より高く上げた体位で寝かせ、嘔吐に備えて顔を横向きにします。そして、意識状態や呼吸、心拍の状態、皮膚色の状態を確認しながら必要に応じて一次救命措置を行い、医療機関への搬送を急ぎます。アドレナリン自己注射薬である「エピペン®0.15mg」(商品名)の使用が可能な場合には、適切なタイミングで注射することが効果的です。



ここから先は、「Schoowell(スクウェル)」の
メンバー限定(登録は無料)のコンテンツとなります。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう