カンジダ感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ


カンジダ感染症は、新生児期、乳児期に好発する皮膚疾患。カンジダ感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類されています。

カンジダ感染症の症状

乳児寄生菌性紅斑 : 乳児では陰部又は股間のオムツ部、顎の下、わきの下などの間擦部に半米粒大までの紅色丘しん、水疱・膿疱が散在し、経過とともに破れ、鱗屑(りんせつ : 表皮の角質が肥厚し、はく離したもの)を伴った湿潤・紅斑局面を作ります。周囲の粃糠様落屑(ひこうようらくせつ:皮膚の角質が増して米ぬか様にはがれること)、丘しん・小膿疱は特徴的です。石鹸できれいに洗い、抗真菌薬を外用します。

カンジダ感染症の原因

細菌のイラスト
カンジダの病原体はカンジダ、多くの場合カンジダアルビカンスです。接触感染によって伝染します。

カンジダ感染症の予防

伝染性紅斑の予防
蒸れや汗で感染しやすいため清潔にします。まめにオムツを替えます。ワクチンはありません。

登校(園)の基準

出席停止の必要はありません。乳児のオムツ交換時に、他の児と接触しないようにします。
子どもたちのイラスト



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

カンジダ感染症 - ほけんだよりプラス - 学校で予防すべき感染症シリーズ
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう