ラテックスアレルギー – アレルギーシリーズ

ラテックスアレルギー - ほけんだよりプラス - アレルギーシリーズ
ラテックスアレルギーとは、天然ゴムに含まれるラテックスタンパク質がアレルゲンとなって、アレルギー症状として、赤み、かゆみ、じんましんなどの皮膚障害が発現し、まれに、呼吸困難、血圧低下や意識障害などのアナフィラキシーショックを引き起こすことが特徴です。また、ラテックスアレルギー患者は、果物の摂取によるラテックス・フルーツ症候群を発症することがあり、特に栗、バナナ、アボカド及びキウイフルーツは、発症リスクが高く、重症化するので注意が必要です。

ラテックスアレルギーの原因

天然ゴムの採取
ゴム手袋、ゴム風船、コンドーム、医療用チューブ(カテーテル)などのゴム製品では、天然ゴムが使用されていることがあります。ラテックスアレルギーは、天然ゴム製のゴム手袋を常時着用しているなどで皮膚や粘膜とラテックスタンパク質との接触の頻度が非常に多かったり、慢性的な肌荒れなどで皮膚表面のバリア性(異物侵入を防ぐ機能)が低下している状態で天然ゴム製品と接触していたりすると、発症リスクがあることが分かっています。特に、医療従事、製造業、清掃業や介護業などに従事していて天然ゴム製のゴム手袋を頻繁に着用している方、手術などの医療行為を何度も受けている方、アトピー性皮膚炎などで慢性的に肌荒れを起こしている方は、発症リスクが高いので、注意が必要です。

アナフィラキシーショック

「アレルゲン等の侵入により、複数臓器に全身性のアレルギー症状があらわれ、生命に危機を与え得る過敏反応」をアナフィラキシーといい、「アナフィラキシーに血圧低下や意識障害を伴う場合」をアナフィラキシーショックといいます。

ラテックス・フルーツ症候群

ラテックスアレルギー患者が、栗、バナナ、アボカド及びキウイフルーツなどといった果物やその加工品を摂取した際に発症することがある、アナフィラキシー、喘鳴(ぜんめい)、じんましん、口腔アレルギー症候群などの即時型アレルギー反応のことをいいます。



ここから先は、「Schoowell(スクウェル)」の
メンバー限定(登録は無料)のコンテンツとなります。
[flexbox direction=row wrap=nowrap alignh=left alignv='' alignitems=stretch flexchildren='' width=100% height='' class='' style=''] [flexitem flex=1 margin=10 padding='' width='' height='' class='' style='']
[/flexitem] [flexitem flex=1 margin=10 padding='' width='' height='' class='' style='']
[/flexitem] [/flexbox]


この記事が気に入ったら
いいね!しよう