政府が世銀新制度に拠出 感染症対策支援に55億円

政府は21日、感染症が発生した途上国の封じ込め対策費を支援するため、世界銀行が創設する保険制度に3年間で5000万ドル(約55億円)を拠出すると発表した。この制度への資金提供を決めたのは日本が初めて。先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に出席した麻生太郎財務相が仙台市内で世銀のキム総裁と会談し、伝えた。

Screenshot

産経新聞

政府が世銀新制度に拠出 感染症対策支援に55億円

 日本は制度設計で世銀と協力していた。麻生氏はG7会議後の記者会見で「医療の国民皆保険制度を持つ国はそうは(多く)ない」と述べた上で、貧困問題を抱える国を手助けする重要性を指摘した。
貧困問題
 この制度はG7を中心に保険料を支払い、感染症の発生国に保険金を供給する仕組みで、途上国は医薬品などの経費に充てることができる。3年間で最大5億ドル(約550億円)の保険金支払いを想定している。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう