口を清潔にして感染症対策

 気候の変わり目で、体調を崩しやすいこの季節、風邪やインフルエンザの予防も手を抜けない。近年の研究から、口腔内を清潔に保つことがウイルス感染のリスクを減らすことにつながるのだという。

Screenshot

神奈川県 タウンニュース

口を清潔にして感染症対策

 歯の表面にこびりつくプラークは、増殖した数百種類の細菌の塊。プラーク内の細菌は、のどの粘膜を保護する粘液を溶かしてしまうため、のどにウイルスが侵入しやすくなり、感染が促進するのだそう。固着したプラークは、唾液などでは洗い流されず、免疫細胞が働きかけることも難しい。日常の歯みがきと共に、歯科医院で定期的なクリーニングを受けプラークを除去してもらうことが感染症予防にもつながる。
口を清潔にして感染症対策
 佐々木歯科医院ではPMTC―「専門家による機械的な歯の清掃」を行っている。同院では歯面清掃やメンテナンスにより適した薬剤・機器も随時導入している。「歯の清潔を保つことは口の中の問題だけではなく、体の健康につながっています。定期的なケアを」と佐々木院長は話す。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう