マダニの感染症増加 鹿児島県が注意呼び掛け

 マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」が増える時季となった。国内で確認され3年あまり。鹿児島県内では15人の患者が報告され、少なくとも4人が死亡した。行楽期は野山や畑でマダニに遭遇する機会が増えるため、県は注意を呼び掛ける。

Screenshot

南日本新聞社

マダニの感染症増加 鹿児島県が注意呼び掛け

 SFTSを発症すると、発熱や嘔吐(おうと)、腹痛、下痢、血小板減少などがみられ、重症化すると死亡することもある。効果的な治療薬はなく、対症療法が主体となる。マダニは森林や草むら、やぶなどに生息。刺し口は赤くなる。
マダニに噛まれたら病院で治療を

マダニを無理に取ると体内にウイルスが入る恐れがあり、専門家は医療機関で慎重に取るよう勧める。県内での感染者15人のうち4~8月に発症した人が13人、年齢は50歳以上が13人を占めた。



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう