<宮城県> 歯の塚 乳歯供養健康祈る

歯と口の健康週間が始まり、宮城県歯科医師会は仙台市青葉区の宮城・仙台口腔(こうくう)保健センター敷地内にある「歯の塚」に患者の乳歯を納めて供養し、子どもの歯の健康を祈願した。

Screenshot

河北新報

歯の塚 乳歯供養健康祈る

 歯科医師会役員、宮城高等歯科衛生士学院(青葉区)の学生ら約60人が参列。永久歯に生え替わったり治療で抜いたりした患者の乳歯約20本を塚に納め、僧侶が読経する中で焼香した。
乳歯のお墓
 歯科医師会の細谷仁憲会長は「これからも歯の健康づくりに貢献していく」とあいさつした。同学院1年武山茉琳(まりん)さん(18)=多賀城市=は「口内環境の悪化が体の病気にもつながると知ってほしい」と述べた。
 歯と口の健康週間は毎年6月4~10日。歯科医師会は各種イベントで虫歯や歯周病の予防を呼び掛ける。(4日)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう