<鳥取県>「医療的ケア児」支援 鳥取大医学部付属病院内に拠点新設

「医療的ケア児」支援 鳥取大医学部付属病院内に拠点新設
出典:日本海新聞 – 県「医療的ケア児」支援 鳥大病院内に拠点新設

  • 鳥取県は、たん吸引や人工呼吸など医療的ケアが必要な子どもと家族の生活支援を開始。
  • 米子市西町の鳥取大医学部付属病院内に在宅ケア拠点「小児在宅支援センター」を新設。
  • センターを拠点に県内の家庭などを訪れ、訪問診療に関する技術を習得。
  • 県内の約700世帯に重い病気や医療的ケアが必要な子どもがいると把握。
  • 専門スキルを持った人材を育成し、退院後も地域で生活できるよう相談などの支援体制を整える。
  • センターは、在宅ケアの技能を持った医師や看護師など公募で選ばれた4人体制でスタート。
  • 鳥取大医学部の学生も訪問診療の現場へ同行させるなど授業のカリキュラムに盛り込む。
  • 医療的ケアが必要な子どもなどがいる約700世帯を対象にアンケートを実施。12月中に支援のニーズを取りまとめ、事業に反映。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう