<東京都>感染症情報システム運用 港区、独自解析 23区で初の試み

感染症情報システム運用 港区、独自解析 23区で初の試み
出典:‘産経ニュース – 感染症情報システム運用 港区、独自解析 23区で初の試み

  • 港区は、区内でどのような感染症が流行しているか伝えるため「同区感染症情報システム」の運用を開始。
  • 自治体が独自に解析し、地区ごとに地図などで公開するのは、23区で初めての試み。
  • 月曜日に小児科6カ所を含む9カ所の医療機関から寄せられた週単位の患者数を元に解析。
  • 二日後の毎週水曜日にホームページ上で流行状況を公開。
  • 医療機関、学校や高齢者施設などに対しては、メールなどで流行警報や注意報などを提供。
  • 情報をプッシュ型でも配信。
  • 普段から予防を心がけるため、同システムの活用を呼びかけ。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう