<群馬県>マイコプラズマ肺炎が急増 割合が全国2番目の多さに

マイコプラズマ肺炎が急増 割合が全国2番目の多さに
出典:上毛新聞ニュース – マイコプラズマ肺炎が急増 割合が全国2番目の多さに

  • せきが長期間続くマイコプラズマ肺炎が群馬県内で急増。
  • 第42週(10月17~23日)の1医療機関当たりの患者数は3.75人で、全国平均の1.61人を大きく上回り、全国でも2番目。
  • 患者は太田や伊勢崎、前橋で多くなっている。
  • マイコプラズマ肺炎は、1年を通じてみられ、主に秋から冬にかけて流行する細菌性の感染症。
  • 初期症状は発熱や全身の倦怠けんたい感、頭痛など。
  • 初期症状後から始まり、解熱後も長く続く(3~4週間)せきが特徴的。嘔吐おうと、下痢、腹痛などの症状を伴う。
  • 感染経路は飛沫ひまつと接触によるもので、潜伏期間は通常2~3週間。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう