<熊本県>重度障害児の在宅医療支援 熊大病院にセンター開所 支援員育成し連携強化も

重度障害児の在宅医療支援 熊大病院にセンター開所 支援員育成し連携強化も
出典:西日本新聞 – 重度障害児の在宅医療支援 熊大病院にセンター開所 支援員育成し連携強化も

  • 在宅医療の情報を提供する専門相談窓口「小児在宅医療支援センター」が30日、熊本市中央区の熊本大医学部付属病院に開所。
  • 継続的な医療ケアを必要とする重度障害児の家族や医療関係者に。
  • 相談業務に加え、患者家族と関係機関を橋渡しする専門コーディネーターを育成。
  • 障害児のケアに従事する関係者を集めた会議を定期開催し、ネットワーク作りも担う。
  • 居住地域にかかわらず全ての子どもが必要な医療や教育、福祉を受けられる環境整備を目指す。
  • 中村公俊センター長は「障害のある子どもが社会の中で元気に育つよう、関わる人たちが顔の見える関係を築くための中核機関にしたい」と話した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう