冬の運動、注意するポイントは?

冬の運動、注意するポイントは?
出典:毎日新聞 医療プレミア – 冬の運動、注意するポイントは?

  • 血管や心臓への負担・・・寒いとき、血管は身を守るために縮む性質がありますので、いきなり体を動かさない。
  • ねんざや肉離れ・・・寒い時期、筋肉は硬くなり、伸縮する力が低下し柔軟性を失った状態になっています。
  • 脱水症状・・・脱水症状に陥らないよう、とくに運動する際はこまめな水分補給を心がけましょう。
  • 2日に1回、1時間を目安に・・・一般的に健康のために運動をするなら、2日に1回、1時間を目安に。
  • 無理は禁物・・・自分の体力を過信しないこと。最初は軽く汗をかくくらいにしておきましょう。
  • ウォーミングアップをきちんと行う・・・ケガなどのトラブルを防ぐには、5~10分を目安に準備体操。
  • ウェアを工夫する・・・服装は動きやすさに加え、体を冷やさないのが基本。
  • シューズの選び方・・・脚が受ける衝撃を緩和するため、足首の動きやすさはとくに重要。
  • 体調と相談・・・継続して運動することが大切ですが、無理は禁物。その日の体調と相談しましょう。
  • 血圧が高めの人・・・運動前に計測して体調の確認し、医師と相談して運動計画を立てましょう。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう