子供の頃の運動習慣! どんな運動遊びがいいのか?


出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 子供の頃の運動習慣! どんな運動遊びがいいのか?

  • こどもの身体能力の基礎は、「走る」「跳ぶ」「投げる」の三つの要素を基本としています。どんなスポーツにおいても基礎となる運動や動作となる。
  • 発育・発達期である小学校低学年ごろから、神経系の発達の終盤期となる12歳ごろまでにさまざまな動作感覚を習得することが良いとされる。
  • 「子供たちの投げる力が少し落ち込んでいる」「なんとか投げる力を身につけさせてあげたい」という保護者が多い。
  • 現在、子供たちの投げる力が低下していることの要因として、投げる遊びができる環境が少なくなっている。
  • 運動習慣の中に投げる運動をプログラムの一つとして、上手に入れてあげる必要がある。
  • キッズアスレティックス という、国際陸上競技連盟が開発したプログラムで、ジャベリックボール投げとうコントロールを重視した的当てなどのゲームがある。ジャベリックボール投げは、現在小学生の陸上競技大会の種目に導入されている。楽しんで投げる運動を実践。
  • 限られたスペースや時間であっても、安全性を考慮しながら、工夫をして投げる運動に触れていく機会が子供たちにとても良い影響を与える。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう