梅毒感染、さらに拡大 原因解明へ研究班設置 無自覚でもうつす恐れ

梅毒感染、さらに拡大 原因解明へ研究班設置 無自覚でもうつす恐れ
出典:47NEWS – 梅毒感染、さらに拡大 原因解明へ研究班設置 無自覚でもうつす恐れ

  • 梅毒感染者の増加、特に若い女性で目立ち、異性間の性交渉によって広がっていることが分かってきた。
  • 厚生労働省は人気アニメのキャラクターを使ったキャンペーンを展開するなど啓発。
  • 同省は専門家の研究班を設置して実態把握を急ぐとともに、心当たりがあればすぐに検査を受けるよう呼び掛け。
  • 2016年の12月上旬(第49週)までに、全国の医療機関からの梅毒患者届け出数は4259人。15年同時期の2412人より1800人以上増え、10年の同574人の7倍に達した。
  • ごくまれだった母子感染もじわりと増えている。
  • 若年層の性行動の変化、風俗業の業態の変化、まん延国からの観光客の増加などが原因として指摘されるものの、どれも十分な根拠はない。
  • コンドームは予防に有効だが、それだけでは不十分。感染していない特定のパートナーと付き合う以外、誰にでもリスクがある。医師は、「疑わしい患者には積極的に検査を勧めるべきだ」と指摘。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう