夏の発熱は熱中症のサイン?

夏の発熱は熱中症のサイン?
出典:yomiDr.(読売新聞) – 夏の発熱は熱中症のサイン?

夏の暑さは、年を追うごとに激しさを増しているように感じられます。メディアの情報として夏は必ず熱中症が話題になります。テレビ・新聞を見ていると、小児は熱中症に弱いと伝えられています。また、救急車で搬送される患者も連日のように報道されます。では、子どもが夏に発熱したら、それは熱中症のサインなのでしょうか?

  • 「風邪の発熱」と「熱中症の高熱」:そもそも熱中症とは、どういう病態を指すのでしょうか?。
  • 熱中症を防ぐ三つの仕組みとは何か?:三つの仕組みがうまくいかないと、人は熱中症になる。
  • どのような人が熱中症に弱いのかを確認:高齢者は体の成分として水が多くありませんから、簡単に脱水症に。次に熱中症に弱い人は、病弱な人。子どもは体の中の働きを維持するために、大人以上に水を必要としている。
  • 子どもの熱中症は本当に多いのか?:緊急の処置が必要な熱中症は小児では少ない。

続きはyomiDr.(読売新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう