発達障害の相談急増、過去最多7万4000件…人員不足で「対応難しい」

達障害の相談急増、過去最多7万4000件…人員不足で「対応難しい」
出典:YomiDr.(読売新聞) – 発達障害の相談急増、過去最多7万4000件…人員不足で「対応難しい」

発達障害を抱える人やその家族への支援を行う専門機関「発達障害者支援センター」に寄せられた相談件数が昨年度、7万4000件を超え、過去最多となったことが厚生労働省のまとめでわかった。障害への理解や支援の不足は、本人の不登校や仕事上のトラブル、親による虐待などにつながりかねないとされるが、相談件数の増加に伴って支援の担い手不足が目立ってきており、各自治体は対策を急いでいる。

  • 厚労省によると、発達障害の人は、その疑いがある人も含めると全国に約700万人いると推定される。。
  • 小中学生の6・5%程度に発達障害の可能性があるとの調査結果もある。
  • 同省のまとめでは、昨年度に全国に91か所ある同センターに寄せられた相談は計7万4024件で、47か所でスタートした2005年度から4倍以上に増えた。
  • 多くは親から寄せられた子に関する相談で、発達障害への認知度の高まりが影響しているとみられる。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう