舌下免疫療法、5歳から可能に ダニのアレルギー性鼻炎治療 半年で効果 アトピーは悪化の恐れも

舌下免疫療法、5歳から可能に ダニのアレルギー性鼻炎治療 半年で効果 アトピーは悪化の恐れも
出典:西日本新聞 – 舌下免疫療法、5歳から可能に ダニのアレルギー性鼻炎治療 半年で効果 アトピーは悪化の恐れも

日本人の4人に1人が患っているというダニによる通年性アレルギー性鼻炎。ダニからアレルギー成分(アレルゲン)を抽出して作られた錠剤を毎日摂取して体を慣れさせる「舌下免疫療法」の適用対象が今年2月、12歳以上から5歳以上に拡大された。くしゃみや鼻水、目のかゆみが止まらず、抗ヒスタミン剤などによる薬物療法が効きにくい子どもにとっては朗報だが、副作用も少なくなく、主治医とよく話し合って始めることが必要だ。

  • 季節性の花粉症と異なる通年性アレルギー性鼻炎の原因の多くはダニの死骸やふん。こまめに掃除や換気をしても治らず、重症者は薬物療法も効かない。
  • アレルゲンを繰り返し摂取して体質を変える免疫療法は、唯一の根治療法だ。
  • 従来は皮下注射で、頻繁な通院や痛みに耐えなければならず、受けられる人が限られていた。
  • 2015年、鳥居薬品と塩野義製薬は錠剤を発売。誤飲の恐れから12歳以上が対象だったが、安全性が確認された今年2月、厚生労働省が対象拡大を容認。5歳から治療が可能に。

続きは西日本新聞のサイトで

アレルギー性鼻炎 – アレルギーシリーズ

アトピー性皮膚炎 – アレルギーシリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう