「発達障害の子」に悩む親が知りたい超基本

「発達障害の子」に悩む親が知りたい超基本
出典:東洋経済ONLINE – 「発達障害の子」に悩む親が知りたい超基本

じっとしていられない、片づけが苦手で忘れ物やなくし物が多い、ちょっとしたことで激しい癇癪を起こす、話がかみ合わない……。これらはすべて、発達障害を抱える子どもに見られる症状(特性)。「もしかして、うちの子も……?」と思った方もいるかもしれません。小さな頃は困りごとが多いからこそ、子どもが起こすことが「発達障害によるものなのか、そうではないのか」を見極めるのは難しいでしょう。
発達支援15年以上の経験を持つ臨床発達心理士にして、『発達障害とグレーゾーン 子どもの未来を変えるお母さんの教室』の著者である吉野加容子氏が、発達障害の分類、特徴、診断基準など「発達障害の基本」を解説します。

  • 発達障害とは、脳のある部分が未発達だったり、働きがうまくいかないことで起こるさまざまな状態のことを指します。
  • 原因は遺伝子の染色体異常や幼少期の脳の疾患などが挙げられますが、理由ははっきりわからないことのほうが多い。
  • 症状の度合いも軽度から重度までさまざま。代表的な発達障害は、①自閉症スペクトラム障害、②注意欠陥多動性障害、③学習障害の3つです。。
  • 発達障害は右肩上がりに増えていますが、特に多いと感じるのが「グレーゾーン」の子どもたち。症状が軽いために病院などで診断がつかない子をこう呼びます。

続きは東洋経済ONLINEのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう