大流行の懸念大。誰もが無関心ではいられない”風疹”の問題点

大流行の懸念大。誰もが無関心ではいられない"風疹"の問題点
出典:@Nifty – 大流行の懸念大。誰もが無関心ではいられない”風疹”の問題点

風疹パンデミックの懸念が深刻化している。
9月26日に、風疹患者累積が2018年第1~37週で642人となったことが、国立感染症研究所 感染免疫学センターより報告された。これは2008年の全数届出開始以降、大規模な流行が起こった2012~2013年に次いで3番目に多く、2017年93人の5倍を超える報告数となる。報告によると、患者のうちの95%は成人で、男性が女性の4.2倍多く、特に30~40代の男性(男性全体の62%)と20~30代の女性(女性全体の57%)の報告数が多いことがわかった。

  • 注目すべきなのは、報告数のうち予防接種歴のない人が24%、不明な人が69%を占めていることだ。
  • 風疹患者の9割近くが、予防接種を受けていれば風疹を防げたことになる。予防接種を受けていない人には、可能な限り早い接種を勧めたい。
  • ただ、なかなかワクチン接種が浸透しない要因は、”自分はきっとかかったに違いない”という曖昧な記憶や”自分だけは大丈夫”という過信。
  • 多くの人が風疹の症状を知らない。

続きは@Niftyのサイトで

ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう