紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスを無力化する仕組み

紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスを無力化する仕組み
出典:SankeiBiz(産経新聞) – 紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスを無力化する仕組み

全国的な流行が続くインフルエンザ。紅茶に含まれるポリフェノールに、インフルエンザウイルスを無力化する能力があると話題になっている。医師は手洗いやうがいなどの基本的な対策にプラスし、「ちょこちょことこまめに、ゆっくり飲んでほしい」としている。(小林佳恵)

  • 羽根木インターナショナルプリスクール(東京都世田谷区)では、インフルエンザウイルスへの効果を期待して10月から紅茶の提供を始め、1日に数回与えているという。
  • 紅茶メーカーの三井農林(東京都港区)の研究によると、紅茶に含まれる「紅茶ポリフェノール」がインフルエンザウイルスを無力化する能力を持つことが判明。
  • 紅茶とA型のインフルエンザウイルスを混ぜ合わせる実験では、15秒で99・9パーセントのウイルスを無力化させたという。

続きはSankeiBiz(産経新聞のサイトで

参考:インフルエンザウイルス対策には紅茶! – 三井農林

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう